引っ越し屋さん

引っ越し屋さんは安さだけで選ぶと失敗します

 

一番安くしてくれた引っ越し屋さんを安易に選びましたが、それが間違いの始まりでした。

 

散々な思いをしました。

 

ブルーレイを新品で買っていたので「ブルーレイ、注意」と記載していたにも関わらず、新居に運んでもらったとき、ブルーレイの箱の上に、重いものが乗っていました。

 

また、衣装ケースが一部破損していました。

 

さらに、洗濯機のホースがサイズの合わない金具でとめられていたため、洗濯機の下から水がビチャビチャ。

 

うちは、風呂水洗濯をしていたので、それが漏れたとばかり思っていたので、下からでてるとは気づかず。

 

下に置いておいたストックの粉洗剤がカビだらけになってしまいました。

 

もちろん、すべて引っ越し屋さんに弁償していただきましたが余計な手間がかかり不愉快でした。

 

ノウハウというほどではないのですが、冬から春に向けての引っ越しは避けた方がいいです。

 

なぜなら、料金が通常の倍はかかってしまうからです。

 

私は旦那の転勤でしかたなく三月に引っ越しをしたのですが距離も300キロはあったために、30万以上かかってしまいました。

 

もちろん会社持ちでしたがね。

 

あと、さきにカーペットをひかないと先に進めない場合があります。

 

タンスなど重たいものが置けないからです。

 

ただ、掃除機で掃除をしてからですがね。

 

うちの場合は、あたらしい畳の上に茶色の紙がしいてはあったのですが、その紙をめくると結構なゴミくずがありました。

 

掃除機もすぐ出せるようにしておいた方が引っ越しもはかどるし、便利ですね。